最近、飲む日焼け止めサプリが注目されるようになりましたね。

紫外線がお肌に及ぼす影響について、関心が高まっている証拠ですね。

飲む日焼け止めって、なに?

日光の紫外線が肌を日焼けで黒くしたり、シミの原因となったり、光老化を起こすことは、もはや常識となっています。

そのため、色白で若々しい肌をいつまでもキープするための紫外線対策として、お肌に塗る「日焼け止め」は欠かせない必須アイテムです。

そして、体の内側からも紫外線対策をしよう、と考え出されたのが「飲む日焼け止めです。

飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めの代わりにはならない

まず最初に知っておいていただきたいのは、
「飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めの代わりにはならない」
ということです。

あくまでも塗る日焼け止めを補助するものであって、
これさえ飲んでおけば紫外線対策はバッチリ!というものではありません。

塗る日焼け止めについて

塗る日焼け止めも、完璧ではない

日焼け止めを塗れば日光から肌を100%守ってくれるわけではありません。

まずは塗る日焼け止めについて、少しお話ししましょう。

日焼け止めに書かれている「SPF」や「PA」。これらは日焼け止め効果の強さを表す数値ですが、

PAは+~++++までの4段階で、UVA(紫外線A波)をブロックする効果の高さを表します。もちろん++++でも100%防ぐわけではありません。

SPFは1~50までで数値が高いほど、UVB(紫外線B波)に対するブロック効果が高いです。勘違いされがちなのが、SPFは効果が持続する時間を表している・・・わけではなく、紫外線をブロックする効果の高さの目安であるということです。こちらも、100%ブロックできるわけではありません。

そして紫外線にはUVC(紫外線C波)という、紫外線が含まれていて、地上にもわずかに届きます。これは塗る日焼け止めではブロックできません。UVCに対しては、塗る日焼け止めは無力なのです。

塗る紫外線の効果持続時間は、意外と短い

基本的に、日焼け止めは2~3時間おきに塗り直しが必要です。

なぜなら、日焼け止めは時間が経つとブロック効果が弱まっていくからです。

正確に言うと、ブロックした紫外線量に応じて、ブロック効果が弱まります。

塗る日焼け止めは、お肌に悪い

日焼け止めは、ハッキリ言ってお肌にメチャメチャ悪いです。

お肌にダメージを与える、最悪の化学物質です。

化粧水などに、無添加、ノンケミカル、オーガニック、をこだわって選ぶ方も多いと思いますが・・・。そんな努力も一気に無駄にしてしまうほどの毒性を持っています。

「じゃあ、塗らない方が良いのでは?」とお思いになるかもしれませんが・・・

紫外線はもっともっと肌に悪いので、紫外線を浴びるくらいなら、肌に悪い日焼け止めを塗った方が全然マシ!なのです。

「SPF50」や「PA++++」よりも低い値の日焼け止めが存在するのは、そのためです。必要以上にブロック効果の高い日焼け止めは、必要以上に肌に毒性を与えることになってしまうのです。

紫外線さえなければ、本当は日焼け止めなんて塗らない方が良いのです。でも肌に悪い紫外線を防ぐために、やむなく塗るのが日焼け止め。だから、紫外線を防御できる範囲内でできるだけ弱いものを選ぶ。そして、こまめに塗り直す必要があるのです。

飲む日焼け止めを飲む意味

上の項目では、

  • 飲む日焼け止めは塗る日焼け止めの代わりにはならない
  • 塗る日焼け止めも、完璧ではない

というお話をしました。

ここでは、「何のために飲む日焼け止め」を飲むのか?

についてお話しします。

飲む日焼け止めは、「浴びてしまった紫外線」に対して働く

日焼け止めのブロック効果は完璧ではありません。

いくらこまめに塗っても、どうしても紫外線は浴びてしまうのです。

また、

  • 塗ってもブロック効果が弱まって浴びてしまう場合。
  • 油断して塗り忘れたときに浴びてしまう場合。
  • そもそも炎天下以外では日焼け止めを塗らない、という人
  • 室内では日焼け止めを塗らない、という人

こんな場合、お肌に悪い紫外線は肌に浴びてしまいます。

そして紫外線はお肌に活性酸素を発生させ、肌を老化させ、また肌の色を黒くしてしまいます。

そこで活躍するのが、飲む日焼け止めです。

飲む日焼け止めには数種類の抗酸化物質が配合されているので、発生してしまった活性酸素を除去する働きをします。コレで肌の老化や日焼けを防止できます。

それでも日焼けしてしまったなら、早くメラニン色素をお肌の外に追い出す必要があります。そこで、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)を活性化して早めてあげることで、少しでも早くメラニンを追い出すことができます。

飲む日焼け止めの成分

飲む日焼け止めに配合されている成分は

  • 抗酸化作用のある成分(紫外線により発生した活性酸素を撃退)
  • お肌の代謝を助ける成分(できてしまったメラニンを追い出す)

で構成されていて、その他には肌のバリアとなる潤いを助ける成分や、美肌成分などです。

ニュートロックスサン(NutroxSun)

いま、飲む日焼け止めの抗酸化成分といえば、優れた紫外線防御効果が認められたこの「ニュートロックスサン」です。

優れた抗酸化作用を持つ成分を持南スペインの植物の中でも、シトラス果実のポリフェノールとローズマリー葉を調合した抗酸化成分。

細胞外だけでなく、細胞内にも抗酸化作用を及ぼし、さらに抗炎症作用と、3つの保護レベルで作用します。

飲み続けるごとに作用が増加し、57日で34%、85日で56%の紫外線防護が認められました。この効果はいくつかの科学的研究により実証されています。

Monteloeders社が特許を持ち、1日分に250mg配合されたサプリにのみ、傘マークのロゴの使用が認められています。

PLエキスダイオウウラボシ

PLエキスは乾癬のために病院の兆候を示した南アメリカからのシダ、アトピー性皮膚炎(湿疹)、尋常性白斑、多形性の軽い噴火と肝斑です。研究が60日間日に2回の240ミリグラムの口頭のPLエキスをとることは紫外線から損害を減らすことができることを示しました。

紫外線がDNAに損害を与えて、そして皮膚細胞の細胞増殖をコントロールする能力を減らします。DNAがUVのエネルギーを吸収するとき、ピリミジンダイマー形態として知られているDNAとDNA束の突然変異がコピーされることができません。通常、皮膚はDNA突然変異を修復することができます、しかし過度の損害が長期の突然変異と皮膚がんに導くかもしれません。有害なDNAのほかに、紫外線が、皮膚の反腫瘍免責特権を押えることによって、皮膚がんのリスクを増やします。抗腫瘍免疫細胞ががんを認知して、そしてそれに反応するのに役立ちます。UVの曝露で、皮膚のこれらの細胞の抑制が皮膚がんのリスクを増やすでしょう。さらに、私たちの身体はATPを多くの生活職務を実行するエネルギーのその原因として使用します。紫外線がATPレベルを使い果たして、そして最初に放射線によって起こされるDNA損傷の改善を防ぐことができます。

私たちの体は究極的に細胞に損傷を与える遊離基を作り出して、それが酸化反応を終えることができることを意味して、酸化防止剤活動を持っています。この酸化損害は紫外線の結果であるかもしれません。

ニコチンアミド(ナイアシンアミド)

(同じくナイアシンアミドとして知られています)

ニコチンアミドは必需品である(NAD+)がATP生産のために共に因数分解するニコチンアミドアデニン前癌の前身です。ATPは私たちの体のセルの中でエネルギー源として使用されます。紫外線からATPの枯渇を防ぐことによって、ニコチンアミドがセルラーのエネルギーを増やして、そしてDNA修理を強めます。紫外線とDNA損傷からの免疫抑制は同じくニコチンアミドによって和らげられます。

ニコチンアミドは1日に2回飲まれた高価でない経口のピルとして皮膚がんと前癌を防ぐのに役立つことができるビタミンB3サプリメントです。研究が、ビタミンB3サプリメントが新しい扁平上皮-細胞と基底細胞皮膚がん発症率を皮膚がんのリスクが高い患者の23%減らしたと見いだしました。

ベータカロチン

ベータカロチン、プラントによって得られたカロチノイドがプロビタミンAの活動を所有します。ベータカロチンの経口摂取がUVによって引き起こされた紅斑(皮膚赤さ)から保護します。写真-酸化プロセスから反応的な酸素の種を探し出すことはカロチノイドの酸化防止剤活動の1つです。これはsingletoxygensのような、反応的な分子と遊離基の不活動化を含みます。研究がベータカロチンが人の最初の新しい皮膚がんの発現を遅らせるかもしれないことを示唆します。ベータカロチンとあなたの皮膚のその抗酸化作用が、皮膚の健康と容姿を維持して、紫外線に対する防衛を増やす間に、局所の日焼け止めがまだ必要とされます。

アスタキサンチン

太陽からの紫外線は光のさまざまな特性によってUVA、UVBとUVCの中に分類されます。UVAとUVB両方が皮膚老化と皮膚がんにおける役割を果たします。UVA光線はUVBほど強烈ではないかもしれません、しかしUVAは環境でいっそう豊富であって、そしてもっと深く皮に入り込みます。

どんな1つのことのあまりに多くも常に有益であるというわけではありません。酸素は酸化的ストレスに関しては1つの例です。私たちの身体は我々が酸素で燃料によってエネルギーを得ることを可能にする新陳代謝のプロセスを持っています。しかしながら、あまりに多くの酸素が破壊を引き起こして、そして遊離基のような危険な副産物を作るかもしれません。酸化的ストレスは反応的な酸素の種の生産と酸化防止剤防衛の間にアンバランスです。このアンバランスは傷害と病気に導くかもしれません。

ヘムオキシゲナーゼは酸化的ストレスを表わす1つの酵素です。アスタキサンチンは、藻、イースト、鮭、ますオキアミ、エビとザリガニから来るカロチノイド、これらの動物にオレンジ色やピンク色を与える色素です。アスタキサンチンはUVの露出によって起こされる増加を防ぎます。このサプリは種がUVAから引き起こした有害な反応的な酸素の形成を抑制することができます。

ビタミンE

ビタミンEの濃厚な食物がナッツ、ホウレンソウ、全粒粉、オリーブオイルとひまわりオイルを含みます。ビタミンEがプラントから来て、そしてあなたの食事を通じて獲得されなくてはなりません。研究がそれが太陽の紫外線から皮膚を保護する能力で抗腫瘍と光保護の特性を持っていることを示唆しました。脂溶性の酸化防止剤として、ビタミンEが遊離基屑拾いを演じます。アルファ-トコフェロール(天然形のビタミンE)がコラーゲンを破壊する酵素であって、そして皮膚老化を増やすコラゲナーゼを和らげます。

飲む日焼け止めはどのように使われるべきか?

飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めの代替物ではありません。通常の日焼け止めのほかにプラスして使われるべきです。

  • 太陽の紫外線から守る最も良い方法は、重要が高いものから、
  • ます激しい日光を避けること、
  • 日光から肌を守る服を着ること、
  • そして日焼け止めを塗ること

です。

その上で飲む日焼け止めを使用することは、これらの方法のほかにあなたの皮膚の健康を改善するために役立つでしょう。

おすすめ飲む日焼け止めランキング

ホワイトヴェール

  • 多くの女性誌で紹介されていて、おそらく今一番人気の飲む日焼け止め
  • ニュートロックスサン(シトラス果実とローズマリー葉のポリフェノール)という抗酸化力の高い成分を軸に、多くの抗酸化成分を配合
  • お肌の代謝を促す成分も複数配合
  • 100%植物でできたサプリ
  • 初回980円で、全額返金保証つき

リブランコート

  • 高い抗酸化作用を持つフラバンジェノールを配合。
    この成分はシミの予防にも役立ちます。
  • ほか数種類の抗酸化成分とお肌のための成分も配合
  • 初回1,975円で、全額返金保証つき

インナーパラソル16200

  • 強力な抗酸化作用を持つニュートロックスサンを250mgと高配合
  • その他抗酸化成分や美容成分の種類は少なめ
  • 初回990円(定期は3回条件)送料200円

雪肌ドロップ

  • ニュートロックスサン250mgの高配合
  • 100%植物由来
  • 初回1,980円(4回継続条件)